恐ろしい緑内障は初期発見でキチンと治せる|飛蚊症が示す病魔の正体

医者

治療と予防の方法

看護師

高齢になると掛かるリスクの高まる緑内障は、眼科に行くことで治療を行なうことができます。緑内障は眼圧が高くなることで発症するとされており、眼科では症状を抑制するため、眼圧を下げる点眼薬を処方してくれるのです。眼圧を上げる原因である房水が分泌されることを抑えるので、使用することで眼への圧力を下げることができるのです。毎日定期的に点眼し続けることで、症状が悪化することを防ぐことができるでしょう。他にも、眼科では緑内障を治療するために、レーザー療法を使用することがあります。レーザー療法では、眼の圧力を高くする房水をすぐに排出させられる治療を行なうので、利用することで眼科の上昇を避けられます。線維柱帯と呼ばれる房水を排出する箇所にレーザーを照射し、房水が眼に溜まりにくくしてくれるのです。眼にレーザーを当てることに不安を覚える人も多くいるでしょう。しかし、レーザー治療では視力に影響を与える網膜を避け、目を切開せずに線維柱帯へと働きかけることができるので、体に負担の掛からない治療法となるのです。

緑内障の症状が高齢者に多く発病する理由として、目の組織の酸化が原因であると考えられています。加齢によって多くの害が現れる原因物質といえば、活性酸素です。体の多くの部位を参加させ、機能を衰えさせガンの元にもなる活性酸素は、体にとって厄介な物質です。緑内障もまたこの活性酸素が、目の代謝能力を落とすことで発症してしまうとされています。そのため、活性酸素を抑制する健康食品やサプリメントを使用することで、この厄介な緑内障を予防できるでしょう。緑内障に高い効果をもたらす成分として、多くの人に注目されているのがルテインです。高い抗酸化作用をもたらすほか、目の老化を促進させるといわれる紫外線の影響も阻害するので、目の健康のために欠かせない成分なのです。ルテインを含んだ食品を食べることで、目に起きるさまざまな症状を抑制できるでしょう。

Copyright© 2015 恐ろしい緑内障は初期発見でキチンと治せる|飛蚊症が示す病魔の正体All Rights Reserved.